Make your own free website on Tripod.com

黄昏の名探偵 (徳間文庫 く 12-3)



多重人格探偵サイコ・フェイク黄昏の名探偵 (徳間文庫 く 12-3)知ってるようで知らないものの数えかた13人目の探偵士 (講談社ノベルス)お願い、探偵さん (ハーレクイン・テンプテーション (T229))蝙蝠館の秘宝―名探偵神津恭介〈2〉 (ポプラポケット文庫)ビジュアル探偵明智クン!! (1)文章探偵 (ハヤカワ・ミステリワールド)不機嫌な名探偵 2巻 (2) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)ムジナ探偵局 闇に消えた男 (シリーズじーんドキドキ)


黄昏の名探偵 (徳間文庫 く 12-3)
黄昏の名探偵 (徳間文庫 く 12-3)

ジャンル:
セールスランク:224876 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 620 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

若干大正浪漫

『黄昏の名探偵』です。
著者のオリジナル曲を元にしたという短編作5編収録。
「紅椿」「あの夏――Morning Light」「黄昏の名探偵――望郷編」「タンゴ・トリステサ」「薔薇廃園――亡き王女のためのパヴァーヌ――」です。元の曲を知らなくても問題なく読めます。

大正浪漫っぽいのは「紅椿」だけで、他の作品は……浪漫はありますが、あまり大正ではないですね。タンゴと薔薇は共に舞台がヨーロッパですし。亡き王女のためのパヴァーヌというよりはヴァンパイア・ワルツですし。

いずれの作品にもあるのが、ここに居たくはない、ここではないどこかへ行きたい、という切実な願望です。どこか退廃的なけだるさが漂います。

最後には長めのあとがき、というか各作品の成立経緯を記した解説があります。

栗本薫の世界

いいですね。栗本ワールド全開です。著者のオリジナル楽曲を元に作られた短編集らしいですが、曲を知らなくても充分楽しめます。タイトルになっている「黄昏の名探偵」は、一回読んだだけではいまいち意味が分からなかったけど。「紅椿」なんかはファンにはたまらないと思います。でも、あまり一般ウケはしないのだろうなあ。



徳間書店
天の陽炎―大正浪漫伝説 (角川文庫 く 2-21)
身も心も <伊集院大介のアドリブ > (講談社文庫 く 2-40)
聖者の行進―伊集院大介のクリスマス (講談社文庫 く 2-41)
陽気な幽霊―伊集院大介の観光案内 (講談社文庫 (く2-43))
狂桜記―大正浪漫伝説 (角川文庫)