Make your own free website on Tripod.com

フレディ・マーキュリーと私



UKプログレッシヴ・ロック―メインストリーム・エディション (THE DIG PRESENTS DISC GUIDE SERIES)バンドスコア Street Story HY (バンド・スコア)なんちゃってジャズ・ギター―ギター・マガジン (リットーミュージック・ムック)バンドスコア チャットモンチー/耳鳴り (バンド・スコア)バンドスコア グリーンデイ/アメリカンイディオット (バンド・スコア)スコアブック 横山健 ザ・コスト・オブ・マイ・フリーダム脱初心者!差がつくサックス・テクニック[CD付]聖飢魔2激闘録 ひとでなしバンドスコア ディルアングレイ GAUZE (バンド・スコア)フレディ・マーキュリーと私


フレディ・マーキュリーと私
フレディ・マーキュリーと私

ジャンル:
セールスランク:137186 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,890 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

毎日読んで毎日泣けます

フレディに関する本を他にも読みました。
彼が彼自身を語るインタビュー集も読みましたが
それだけでは知ることのできなかった
もっと本当の彼のことを この本をで知った気がします。

ジムさんの書いたこの本は 恋をする女の子の書いた日記のようにも感じられ、
偉大なミュージシャンである彼を とても身近に感じることができました。
メアリーさんとフレディの関係には 家族愛のようなものを感じましたが、
ジムさんとフレディの関係は 本当に 恋なんだなぁーと思いました。
愛する彼をそばに感じながら 静かに旅立っていくことができたフレディは
きっと 本当に 幸せだったと思います。

この本を読み、私は フレディと彼の歌う曲を
今までよりも もっともっと好きになりました。
これからも 読むたびに 好きになっていくと思います。
そんなふうに思う人は きっと 他にもいるんじゃないかと思います。

この本は 暴露本ではないと私は思います。
フレディへの ラブレターだと思いました。

フレディの本来の姿・・・

フレディーの私生活が(ゲイとしての)ファンとしては複雑な内容だと思っていたのでなかなか手に取ることができなかった。
特に最初のほうでジム・八ットンが所蔵するプライベートなスナップ写真を見たときに、うげ?!!!同じ口髭のおっさん二人がイチャイチャして気持ち悪ぅ?と拒絶反応を起こしそうになったのは事実。(ごめんフレディー)
でも読み進めていくうちに、二人の関係がとてもリアルに描写されており、ゲイ友との愉快な共同生活がほのぼのと描かれていた。
きっとフレディは極度のさみしがり屋…孤独感をずっと抱えて生きていたのではないかしら?と思うのです。有名になってお金に困らなくなると友人は増えるけれど、それが本当の友情からのものか、お金目当てなのか分からない…そんな不信感もあったのかな?
でも、信頼できる限られた友に対してあふれるほどの愛を注ぎ、その人たちの行く末まで心配し、財産を分けるなんて。
フレディの秘書メアリー・オースティンのことが度々出てくるが、ただの秘書なのになぜ彼女がすべての実権を握っているようにさえ感じるのが不思議だった。
フレディが残したガーデンロッジや遺産の一部は彼女のものだし、フレディの態度から察するにまるで彼女はある意味、本妻みたいに頼られていたのかも知れない。
そうでなければちょっと辻褄が合わないような気がする。
昔のガールフレンドとも聞いたことがあるが・・・一番古い付き合いだからとは片づけられない。そう言った意味で、ジムは愛人ということになるのかな?
本妻と愛人・・・みたいな力加減でしょうか。
悲しかったのはフレディの最期ですね・・・。
エイズに食い尽くされるような描写がとても辛かったです。
でも心から愛した友たちに囲まれて、世話をしてもらって、どれだけ安堵していたかわかりません。彼の最後の歌にはたくさんの遺言のような歌詞がありますね。
私は時々それらをじっと噛みしめながら聞くのが好きです。
フレディは最後に見たんだと思います。
死を覚悟し、受け入れてからは・・・
永遠に輝ける世界を・・・
その中へ入っていく自分を・・・
自由奔放で明るくて・・・無邪気な彼が本来の姿だったとわかって嬉しかったです。



本当のフレディ・マーキュリー

この本は、低レベルの暴露本では決してありません。QUEENのボーカル、フレディ・マーキュリーが大好きでした。しかし、今から17年前、HIVポジティブと同時に死亡の報道があり、ステージの力強さとあまりにもの現実のギャップに落ち込みました。しかし、この本と出会い、本当の愛というものが解った気がしています。フレディは、本当にやさしく繊細な人であったと感じました。著書の中に、日本での旅行のことが多く書かれています。日本と英国との共通点を改めて感じましたし、日本を好きでいてくれてありがとう。フレディは、今でも世界一のエンターティナーだと思います。著者ジム ハットンさんがお元気でいて下さることをお祈りいたします。
愛にすべてを

ジムとの出会いからのエピソードはとても面白かった。だんだん互いに惹かれあい一緒に暮らしてその中での様々な出来事。フレディはただ愛されたかった そしてジムと出会い心から愛し合った 時には嫉妬や喧嘩をして、お互いを傷つけたりだけど仲直りする様子は微笑ましい!フレディのストレートな愛情表現!僕を愛してる?とジムに何度も問いかける様子。あぁ何てかわいくて、微笑ましいんだろう。日本での買い物の様子もとてもよかった。しかしやがて訪れる別れ・・・闘病生活。涙なしでは読めませんでした しかしフレディは弱音などはかなかった そして自分が死んだ後、残されたジム、フィービーなどの生活の事まで考えてくれていたフレディ・・・何と優しくて素晴らしい人間なのでしょうか メアリーとジムは前からあまり上手くいっていないようでフレディが亡くなってからどんどん溝が深くなっていくのは本当に残念でした メアリーもやはり色々と苦しんでいたのかなと思います 全部読み終わった後とても優しい気持ちになれました そしてqueenの歌を改めて聞くと本当に前よりもっと好きになっている自分がいました素晴らしい本をありがとう!
複雑な心境

生前のフレディは「フレディ・マーキュリー」という偉大なシンガーを作り上げていました。
実際の彼とは違う人格を演じていた節があるので、
プライベートな部分は明かさなかったと何かのインタビューで聞きました。
なので、この本を読むことがフレディに対して何か申し訳なく思ったのですが、
ミーハーな興味本位で読んでしまいました。
結果、読まなければよかっと思っています。

もちろん、この本に書かれているフレディは人間味あふれてとても魅力的です。
ですが、音楽でファンに幸せを与えようとしていたのに、
彼のベッドでの振舞いや、恋人との過ごし方まで
ファンに知られて天国でどう思っているでしょうか。
ジムさんは文面から察するにとても誠実そうな方なので、
「金儲けのために暴露本を書いた」とは思いません。
フレディの死後、おそらく同性愛であったがために、
周囲の人たちに軽く扱われたというニュアンスがあったので、
それを払拭するために書いたのではないかと思いました。
バンドのメンバーがジムさんにどう接したかという描写のところでそう思いました。

他の方も書いているように、フレディの人柄を知るにはいい本だと思いますが、
「クイーンのボーカリスト」のフレディを知るにはあまり意味がありません。
私はどちらかというと「クイーンのフレディ」ファンなので、
この本を読むことはもうないと思います。
彼の音楽を聴くことのほうが、彼を知るのに役立つと思います。
歌を聴いていれば、フレディが愛に溢れた人だということはすぐに分かります。



ロッキングオン
クイーン (KAWADE夢ムック)
フレディー・マーキュリー 華やかな孤独
ラヴァー・オブ・ライフ、シンガー・オブ・ソングス
クイーン・オペラ座の夜
グレイテスト・ビデオ・ヒッツ 2