Make your own free website on Tripod.com

アンコール・ワットとカンボジア〈2004~2005年版〉 (地球の歩き方)



東南アジアの華 アンコール・ボロブドゥール (吉村作治の文明探検)アンコール・ワットとカンボジア〈2004~2005年版〉 (地球の歩き方)カンボジア・村の子どもと開発僧―住民参加による学校再建報告ガイド ベトナム・センチメンタル (ここ以外のどこかへ!)世界の食文化 (4) ベトナム・カンボジア・ラオス・ミャンマーアンコールのモナリザたち (母と子でみる)カンボジアは誘うポル・ポト伝カンボジア家庭料理ヘルシーレシピ集―簡単!バランス・ダイエットアンコール・ワット―密林の中に眠っていた巨大遺跡 (旅名人ブックス)


アンコール・ワットとカンボジア〈2004~2005年版〉 (地球の歩き方)
アンコール・ワットとカンボジア〈2004~2005年版〉 (地球の歩き方)

ジャンル:
セールスランク:328511 位
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 415 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

アンコールワットの部分は良いです

特にアンコールワット周辺については、そこそこマイナーな遺跡も詳しく解説してあり、写真も豊富で、結構使えました。また、アンコールワット以外も最低限の情報はあるとおもいます。しかしながら、アンコール遺跡周辺以外のクメール遺跡はバンデアイチュマールのようなかなり巨大なものでも、一言、危険だから行かないでください、、と歩き方特有の断定口調。これじゃ何のためのガイドなんだか、よくわかりません。まあ、読者のレベルを考えてのことは思いますが、このへんがlonely planetに劣るところなんでしょうね(読者層のレベルも含めて)。
アンコールワットの情報満載

他の旅行案内本も見ましたが、この本が一番情報量が豊富だとおもいます。特に、ガイドを雇う余裕のないバックパッカーにはお勧めいたします。本の中にアンコールワットの解説が細かく載っているので、ガイドがいなくても十分に楽しめるとおもいます。

アンコールワット以外の土地に行く人にはやや情報が少ないかもしれません。でも、私の場合は、シェムリアップ(アンコールワット近郊の町)4泊5日、プノンペン2泊3日の旅程でしたが、この本だけでなんとかなりました。
アンコールワットの観光ガイド+プノンペンは数少ない情報源

プノンペンへ行かれる方には、情報量が少ないなかでも、数少ない貴重なガイドブックです。
アンコールワット情報は情報充実しています。



ダイヤモンドビッグ社